医院継承サポートのご案内

医院継承サポートの流れ

医院継承は、既に開業している医院を譲り受ける開業スタイルです。

メリットは、低コストで開業ができリスクが小さい」「患者さんを引き継ぐため事業の軌道に乗るのが早い」「開業までの準備期間が短い」「地域医療の安定につながる」ことです。
注意点は、施設の老朽化や労務問題の内在化などです。

下記に譲渡希望医院と継承開業を希望する医師との関係、引き継ぐまでの流れをご説明いたします。

【譲渡希望医院の流れ】

事前相談

譲り渡す医院の理事長・院長やそのご家族から、何故、医院を譲り渡したいのか?譲渡する意思は固いのか?などをヒアリングいたします。

また、医院の財務状況や強み・弱み、現在抱えている問題・悩みなどを丁寧にお伺いいたします。

仲介契約の締結

当社が行う業務の範囲や仲介に入る報酬などをご説明し、仲介契約(アドバイザリー契約)を締結いたします。

契約の締結後は、第三者との交渉は禁止されます。

医療機関の評価

医院の譲渡価格を算定するため、財務諸表等やその他関係書類のご提示をいただきます。

評価は、医院の規模や立地、その他の特殊性を加味したものとなります。

概要書作成

医院の簡略的な情報を記載した概要書(ノンネームシート)を作成します。

継承開業を希望する医師にとって、魅力的で引継ぎが可能な診療を行っているかがポイントです。

 

マッチング

継承希望医師と面会し概要書を提示します。

同時に継承開業を検討されている医師のプロフィールや継承開業の動機などを丁寧にヒアリングいたします。

双方が面談

継承開業を希望する医師との面談を実施いたします。お互いの条件や意向を確認し理解を深めていきます。

当社が仲介し具体的な条件を詰めていきます。

基本合意条件提示

譲渡価格や譲渡時期など具体的な条件について調整をしていきます。

双方に認識のズレがないよう綿密に行い、疑問点などはできるかぎり解消するようにします。

 

基本合意書の締結

大筋で条件が合意できた段階で、基本契約書を締結します。これまで交渉し合意した内容を記載します。

合意書締結後は、最終的な契約に向けて詳細な事務作業に入ります。

最終契約書の締結

譲渡希望医院側の財務・法務・労務に関わるデューデリジェンス※1を実施し最終契約書を締結します。

双方が前提条件をクリアし、クロージングへと進みます。

 

【継承開業を希望する医師の流れ】

概要書の提案

継承開業を希望された動機や開業時期などを丁寧にヒアリングいたします。

その上で、譲渡希望医院側より提示された概要書(ノンネーム)を提案し検討していただきます。

 

秘密保持契約の締結

概要書(ノンネーム)を検討していただき、前向きな意向が確認できた段階で秘密保持契約※2を締結します。その上で、譲渡希望医院側の詳細について情報を提供させていただきます。

詳細な概要書提示

秘密保持契約の締結後、譲渡希望医院側の詳細情報を開示いたします。

医療機関名、所在地、理事長(院長)氏名、出身大学、診療内容、財務諸表等を提示いたします。

提示資料の検討

提示された資料を公認会計士や弁護士とも相談をし慎重に検討します。

また、引継ぎ可能な診療科目や診療内容であるかも重要です。

 

双方が面談

譲渡希望医院側の理事長(院長)と面談を実施いたします。
お互いの条件や意向を確認し理解を深めます。

当社が仲介し具体的な条件を詰めていきます。

基本合意条件提示

買取価格や継承時期など具体的な条件について調整をします。

双方に認識のズレがないよう綿密に行い、疑問点などはできるかぎり解消するようにします。

基本合意書の締結

大筋で条件が合意できた段階で、基本契約書を締結をします。これまで交渉や合意した内容が記載されます。

合意書締結後は、最終的な契約に向けて詳細な事務作業に入ります。

 

最終契約書の締結

譲渡希望医院側の財務・法務・労務に関するデューデリジェンスを実施し最終契約書を締結します。

双方が前提条件をクリアし、クロージングへと進みます。

医院継承開業

前院長より業務を引継ぎ、開業の準備を開始します。

新たに厚生局や保健所など諸官庁への届出をして開業となります。

新院長のスタートです。

 

※1 デューデリジェンス・・・法務、財務、労務などをさまざまな観点から調査することです。最終契約の締結前に行われ、問題点などが発見された場合には、買取価格に反映されることになります。

※2 秘密保持契約・・・譲渡を希望する医院側から開示された情報を第三者に開示しないとする契約です。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

022-209-4172